2016年4月5日 合同会社CUNEMOを設立し事業を開始します。

この度、合同会社CUNEMO(くねも、と発音します)を設立いたしました。
社名の由来は、「クラウド」「ネットワーク」「モビリティ」の頭文字から持ってきています。代表者の森がこれまでに培ったノウハウ、そして調査力、洞察力、国内外のネットワークをフルに活用して、位置情報、モビリティ関連の事業支援を行って参ります。

最近では、位置情報を業務アプリで取り扱うことが常識となりつつあり、クラウドサービスも業務システム導入では主流になりつつあるほど、いずれも「コモディティ化」しています。さらに一歩進んで、人、固定物、移動体などあらゆるものがクラウドを介してネット上でつながる時代がこれからやってきます。これを見越して、IoTの周辺領域での様々な事業発表や提携が進んでいます。CUNEMOはまさに、これからの時代を変えるような、0を1にし、成長していくビジネスの支援をお客様と一緒に手がけて参ります。

関わり方は、プロダクト企画コンサルティング、マーケティング支援、事業化支援など、「技術と顧客を結ぶ知恵」の部分が中心となります。いわゆる「営業支援」は副次的なものと考えています。そして、CUNEMOが関わった会社のビジネスは伸びる、この成長しているビジネスの影にはCUNEMOがあり、という実績を獲得したいと思っています。

CUNEMOという社名の由来である「クラウド」「ネットワーク」「モビリティ」を最大限活用し、当面はオフィスは設けません。これまでとはまったく新しいスタイルで起業いたします。 皆様とのご縁がいただけますよう、よろしくお願いいたします。